乱獲とブルーエコノミー

毛皮のシーリングは、本当のブームとバストの品質を持っていました。 地域が選ばれると、シーラーはより実り多い土地に移動します。 1833年以前は、南極と亜南極で少なくとも700万頭のオットセイが殺されていました。 早くも1829年、イギリスの博物学者ジェームズエイツは、南極半島のオットセイが失われたことを嘆きました。「この美しい小動物はかつてここで最も数が多かった」。
ゾウアザラシも狩られましたが、その脂身は油に変わる可能性がありました。ハンターが彼らをビーチに連れて行き、心臓を通して槍で突き刺し(または後で頭蓋骨で撃ち)、血を流し、脂肪を取り除くことは難しくありませんでした。あるシーラーによると、「私たちは、生で肉付きの良い死んだものを浜辺に置いたままにしました」。鳥は数日以内にスケルトンをきれいに拾うでしょう。
1960年代には、文化的感情の進化と、プラスチックなど、暖かい合成衣類や石油ベースの潤滑剤になり得る他の材料の入手可能性の変化が混在したため、シーリングは急速に低下しました。
1960年代初頭のカナダの封印を示す映像の放送は、北米とヨーロッパの市民をスキャンダル化し、封印に対する態度の急速な変化を促しました。南極アザラシの保護に関する条約は1972年に署名され、この地域のすべての国のアザラシの大規模な屠殺を規制しました。今日、オットセイの個体数は回復し、サウスジョージアだけで500万を超えるコロニーがありますが、2000年以降は減少しています。ゾウアザラシも大幅に回復し、1990年代半ば以降の推定安定個体数は65万頭です。 。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント